CADを学ぼう

CADは、製図に使われるソフトです。
パソコンの画面上に製図を再現して、電子データとして読みとり、修正が行えます。
操作は簡単に身に付きますが、競争率が高く、この能力だけで就職することは困難です。
独学で技術を身に付け、その技術を持って、建築事務所などで働かれる方もおられます。
技術を直接仕事に生かすためには、その技術を熟知し、様々な状況に対応することが必要です。
頭を使って、技術が実際に生かされている現場を想定しましょう。
プロの技術者は、素人の何倍もの速さで作業を完了させます。
彼らに直接立ち向かうことは無謀でしょう。

製図は専門の方が担当されますが、このソフトは、専門の方でなくても利用は可能です。
もっとも、専門家がソフトを利用すれば、より完成度の高い製図が完成するでしょう。
物事は信念を持って取り組みましょう。
製図一つとっても、心をこめて作業することで、より質の高い図面が完成するでしょう。
技術は専門書でも習得できますが、なるべく実務を優先させましょう。
実務で身に付く実力は、とても覚えが早く、実感もしやすいです。
あなたの技術を向上させる手助けとして、効率的に技術を身につけるべく、専門書を活用しましょう。

結論として、CAD技術は直接的に仕事に生かせる技術ではありません。
しかし、他の技術を組み合わせることで、思わぬ可能性が開けます。
基礎基本に立ち返り、どういった図面を作成したいのかを、よく考えましょう。
創作力とアイディアが大切です。